浄土宗大本山・くろ谷 金戒光明寺

奉納コンサートのお知らせ

くろ谷 金戒光明寺 秋の夜間特別拝観
奉納コンサートのお知らせ

奉納コンサートは終了いたしました。
アーカイブ配信でご覧いただけます。

アーカイブ配信
【開催日より30日間】
奉納コンサートの動画がご覧いただけます

料金
アーカイブ期間 開催日より14日間:600円
アーカイブ期間 開催日より30日間:650円
※別途購入手数料を頂戴いたします。

金戒光明寺 奉納コンサート動画
(ダイジェスト版)

  • 三好芫山(尺八)三好晃子(箏)小池典子(柳川三味線・胡弓)北村愛里(17弦)

    2021年11月3日(水・祝)

    三好芫山(尺八)三好晃子(箏)
    小池典子(柳川三味線・胡弓)
    北村愛里(17弦)

    配信チケットはこちら

    歴史ある日本伝統楽器、尺八・箏・柳川三味線・胡弓・17弦。心を込めて奉納演奏させて頂きます。
    金戒光明寺に縁のある八橋検校作曲「六段のしらべ」をはじめ、古曲独奏、三曲合奏、皆様よくご存じの叙情ある曲…
    日本伝統楽器の素晴らしさを十分にお聴き頂けるプログラムをお届けいたします。

    【演奏曲目】
    八橋検校作曲 六段の調べ
    作曲者不詳 鶴の巣籠もり
    湖出市十郎 作曲 黒髪
    ======
    荒城の月 アメイジング・グレイス 他
    (当日プログラムが一部変わる場合も有ります)

    三好 芫山Genzan Miyoshi(尺八)

    京田辺市生まれ。幼少より富井舜山に師事。箏曲家である母(三好敦子)の影響で高校生の頃より演奏活動を行う。演奏は、古典がベースであるがポップス、ジャズ等、西洋音楽との共演も多く、幅の広い演奏家である。また、教育者としても多くの門人(職格者100人以上)を育てる一方、外務省からの要請で多くの国で日本伝統文化の紹介に貢献。近年は、CD18枚から成る地唄の収録や制作、イベントプロデューサーとして活躍する。京都府文化賞功労賞受賞 京都市文化芸術協会賞受賞

    三好 晃子Akiko Miyoshi(筝)

    生田流京都當道会下派に所属。准師範。祖母に三好敦子、父に三好芫山を持つ環境の中、幼少の頃より琴、三弦を学ぶ。後に藤井久仁江(人間国宝)にも師事。数少ない京流柳川三味線を演奏。外務省の要請で多くの国で日本伝統文化の紹介に貢献。文化庁伝統文化公式指導員として学校指導。リサイタル、主催演奏会をはじめ、関西を中心に多くの演奏会に出演。金戒光明寺特別拝観時に箏曲演奏。琴秀会主宰。

    小池 典子Noriko Koike
    (柳川三味線・胡弓)

    幼少より宮城喜代子(人間国宝)、宮城数江に入門。宮城道雄記念コンクール児童部1位入賞。東京藝術大学音楽部邦楽科卒業。皇居内、桃華楽堂にて御前演奏。文化庁インターンシップ研修生として地歌三絃を藤井久仁江(人間国宝)に師事。宮城胡弓を野口裕子、古典胡弓を川瀬白秋に師事。柳川三味線、京都系古典胡弓を中澤眞佐に師事。宮城社直門大師範。日本三曲協会、生田流協会、京都市三曲協会会員。東京、京都、仙台で会を主宰。東京出身、京都市在住。

    北村 愛里Airi Kitamura(17弦)

    石川県金沢市出身。幼少の頃より箏を北村雅楽弓に師事。自宅、高校、カルチャーセンター等で箏講師として指導し、各種演奏家に出演、コンクールにて入賞。ソロ演奏活動の他、和楽器・洋楽器・歌手・ダンサー等と共演。令和2年度石川県文化奨励賞受賞。(公財)生田流正派邦楽会大師範、北陸正派合奏団団員。

  • ミニケストラ

    2021年11月6日(土)

    Minichestra

    配信チケットはこちら

    「音楽を通じて、日本の魅力溢れる文化を世界へ伝えたい」という想いのもと、若手音楽家によるヴァイオリン・チェロ・コントラバス・フルート・ピアノという独自の楽器編成で、国内外へ向けた多様なアプローチを展開しているプロフェッショナル・音楽チーム。
    世界的に人気の高い日本のアニメ音楽やJ-POP、オリジナルクラシック曲等を中心に演奏し、国や年代を越えて親しまれる、幅広いジャンルの楽曲を取り上げている。

    これまでに、国内では各教育機関や福祉施設へ向けたSDGs推進活動を始め、フランス・ドイツ・イタリア・台湾等の各国大使館での演奏、国営美ら海水族館(沖縄)や金戒光明寺(京都)でのコンサート開催、北海道ニセコ町観光協会とのインバウンド向け共同プロモーション企画の実施等、精力的に活動を繰り広げている。また海外に於いては、シンガポールや台湾での海外演奏ツアーの実施や、2019年にはドイツにて開催されたジャパンイベント『Connichi』(参加者累計約7万人)にゲスト出演し、ステージは連日満席、イベントの大トリも務めた。

    • 高宮城 凌Ryo Takamiyagi(Violin)
    • 稲垣 真奈Mana Inagaki(Cello)
    • 瀨戸 槙之介Shinnosuke Seto(Contrabass)
    • 田村 暁恵Akie Tamura(Flute)
    • 尾崎 風磨Fuma Ozaki(Piano)

    クラシックから人気のポップス、映画音楽まで、誰もが一度は聴いたことのある名曲の数々を、迫力あるMinichestraの生演奏でお届けします。
    御影堂の荘厳な雰囲気の中で、各楽器の美しい音色や響きを体感し、ぜひ心や身体を癒してください。

  • クヌゲンチェライ

    2021年11月7日(日)

    クヌゲンチェライ

    配信チケットはこちら

    和楽器・韓国太鼓・アイリッシュ ユーラシアの東西をまたいで、楽器がもっている音色やリズムを最大限に引き出して楽しもうと結成された多国籍バンド「クヌゲンチェライ」
    アイリッシュダンスと韓国農楽の跳ねる踊り。篠笛とアイリッシュフルートの音色。遠く離れた国の楽器やダンスなのに、どこか似ている面影が多くあります。功刀丈弘のフィドル、チェジェチョルのチャング、立石雷の篠笛という民族楽器が持つ独特な「なまり」を、巧みにつないで行く福江元太のギターと岸本良平のピアノ。五人が織りなす音楽世界は日本、韓国、アイリッシュの枠組みを越えて新しい「音の出会い」の場を作っています。
    2021年7月 1st Album「Color」発売
    関西を中心にレコ発ツアーを行い、好評を博す

    • 功刀 丈弘Takehiro Kunugi(fiddle)
    • チェジェチョルChoi Jae Chol(韓国太鼓)
    • 福江 元太Genta Fukue(guitar)
    • 立石 雷Rai Tateishi(篠笛)
    • 岸本 良平Ryohei Kishimoto(piano)

    2019年より活動を始めたクヌゲンチェライは、その活動の集大成となる1st Albumをこのコロナ禍の中リリースいたしました。
    楽曲のベースとなっているのは、多様な民族に由来する土着の踊りや旋律、リズムです。
    どこか懐かしいけれど新しい、大地と魂のサウンドが皆さんの心を揺さぶります。是非私達と一緒に、音の波に揺られてみませんか?

新型コロナウィルス
感染防止について

拝観者の方にマスク着用をお願いしています(当日販売あり)
また靴袋もご持参ください。(当日販売もあり)
感染状況により入場制限を行う場合があります。
また緊急事態宣言などが発布された場合は中止または期間や時間などを変更する場合があります。

主催:くろ谷 金戒光明寺
企画運営:京都コネクト株式会社

お問い合わせは下記までお願いいたします。
京都コネクト株式会社 担当:山口迄
TEL:075-203-2940 
MAIL: