くろ谷 金戒光明寺 特別夜間拝観

※新型コロナウイルスの感染状況により拝観の制限や中止・内容の変更がある場合があります。
※感染症防止の為、マスク着用・下足袋をご持参くださいますようお願い申し上げます。(受付でも販売しています。)

About金戒光明寺特別夜間拝観

(予約なしで拝観できます。)

拝観期間 2020年11月13日(金)~12月6日(日)
拝観時間 17:30~20:30(最終入場 20:00)
拝観料金 大人:1,000円/小学生:500円(幼児は無料)
団体(20名様以上):800円

要予約プレミアム拝観プラン

30名様限定の特別夜間拝観の期間中(金・土・日のみ)に開催しております。

特典01
30分早く入場できるので、ゆったりと拝観していただけます。
特典02
御用達の庭園コンシェルジュ(植彌加藤造園)がご案内いたします。
拝観時間 17:00~20:30(最終入場 20:00)
拝観料金 大人:1,200円/小学生:600円(幼児は無料)

ご予約はこちらから

※新型コロナウイルス感染防止対策のため夕食付きプランは中止となりました。

Highlight金戒光明寺の見どころ

Special特別展示

鶏図 伊藤若冲 江戸時代中期

鶏図
伊藤若冲 江戸時代中期

若冲といえば鶏図といわれるくらいに、最も得意とした画題と構図による本画は、各面にそれぞれ番の鶏か雄鳥が描かれている。
一つ一つを見ると異なるポーズ、異なる羽の色の鶏であるのに、どの画面も長い尾羽の一本を上にするという若冲好みの構図が見られ、画面にリズムを生み出している。
青墨が紙に滲む跡を生かした羽の重なりの表現、様々な蔓性植物の葉の葉脈の線描、丸の中に点を描いたような独特の鶏の目の描写等、強い個性を示す若冲らしい作風が見られる。

奇想派として知られる若冲(一七一六~一八〇〇)は京都、錦小路の青物問屋に生まれたが、中国の宋、明時代の作風を広く研究し、極彩色による花鳥図と共に墨画にも長けていた。
活躍した江戸中期は写生派が起こり、画壇全体の流れとしては客観的写生描写へと傾倒していく中にあって、そうした風潮にはまったく左右されることなく独白の作風を確立していった。
写実画でもなく装飾画でもなく、狩野派のような伝統描法からもはみ出た描写は、しかしながら鶏を描かせれば鶏の持つ本性そのものを描き表すという力量を示している。
描く対象とするものの動き方の癖、特徴的ポーズ等を誇張して描くことは、他の作家にはない作画姿勢として大いに注目を集めた。若冲は実際に数多くの鶏を庭で飼い、毎日つぶさに観察した上で一気に紙面に描き上げていたことが知られている。
本図には落款はないが、印章から若冲の作であることが確認できる。

鶏図 伊藤若冲 江戸時代中期

空山無人図風
富岡鉄斎

本図は、もと当寺の襖絵であった。菓子司虎屋黒川の宿坊が当山の浄源院であることから、明治時代後半に虎屋黒川が鉄斎(一八三六~一九二四)に依頼して描かせた。
昭和九年の本坊の火災でその大半が焼けてしまったが、からくも難を逃れた部分が風に仕立て直されたものである。残された一部だけでも周りの空間までをも取り込む程の迫力に満ちた大胆な描写と構成を見せている。
太く荒々しい筆致に圧倒されるが、よく見ると岩塊の隙間には春蘭が優しげに咲き乱れ、洞穴には観音の姿があり、その前には水瓶がある。
更に目を凝らせば荒々しい筆跡の中から小鳥の姿も浮かんで来る。
それは正に深山に足を踏み入れた時と同じで、初めは何も気付くことができなくても、目が慣れるに従って緑の葉の上に同じ緑色のカエルが居ることが見えて来る現象のようなものである。
鉄斎は人間の視覚や深山の持つだまし絵のような情景を熟知した上で本図を構成したのであろう。

左右両隻の両端に「空山無人水流花開」と賛が記されている。空山とは広々とした静かな山のことで、人の気配がなく、その静寂を破るものは水音だけで、清い流れのもとには花が咲き乱れているという、俗塵を離れた高邁な世界が描き表されている。
鉄斎は幕末から明治大正期まで長い期間にわたって活躍した文人画家で、常々賛の内容を理解した上で絵を鑑賞してほしいと訴えていた。本画にも二カ所に賛がある。八十三歳の作。

邦楽の生演奏

EVENT

邦楽の生演奏

夜間拝観期間中、毎日、
大方丈にて、お琴や篠笛などの
邦楽の生演奏がございます。

公演時間(毎日演奏)

17:45~/18:30~/19:15~

演奏スケジュールを見る

演奏の様子を見る

Accessアクセス

場所 浄土宗大本山 くろ谷 金戒光明寺
〒606-8331 京都市左京区黒谷町121
アクセス 市バス 岡崎道下車(32・100・203・204系統)徒歩10分
市バス 東天王町下車(5系統)徒歩15分
駐車場 乗用車:30台(山門下黒谷駐車場 60分 400円 / 最大 800円)
・大型バス駐車場なし
・タクシーは境内までお上がりください。

京都駅からのアクセス図

京都駅よりアクセス図

山門下黒谷駐車場のアクセス図

拡大図

Google Maps